FC2ブログ

UNKNOWN ORCHESTER

創作好きな帝夢のブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えるのが、苦手。

2011.02.21.Mon
昨日から今日にかけて、きの子がうちに泊って行きました。
初の埼玉上陸(?)らしいので、色々お店めぐっては居座って良く描いた…><ちょっと眼性疲労が(ぁ
みくるちゃんbyきの子
ありがとな!
そして今さっきO駅まで車で送ってきたところ…(MAIGO☆になるからなっ)気をつけて帰るがよし。

そういえばLinkさんの日記にこんな話題があった。
「自分が創作しているものを、普段創作等しない人にみせているか、否か」(多分こんな話だったはず)
自分の場合、きの子とは昔からの友人ですので、よくよく創作の話とかはしますが、普段私は周囲の人に「こんな絵描いてますー」「こんなストーリーとか考えているんですー」とか話はしない方です。
親にすら見せることはありませんねー^^;
周囲の知人に見せないのは、こっ恥ずかしいのが大きいが親に見せないのは価値観の違い。
私は同じ創作をする人たちにしかこういった話をしないんです(+_+)だから世界が狭いんだっ、なんて言われたら言い返せないけどw
なので、創作をするとき以外はNet上で「帝夢」を名乗らないし、あんまり絵を公開することもありません。
別段隠してるわけでもないので、聞かれた時はさらりと「まぁ絵を描くのが好きです」とか適当に答えますが(゜-゜)

でもでも、中にはOpenな方もいらっしゃる。
自分はこういう絵を描くんですょー、とコミックアートを普通に見せていただいたことがありました。(昔の話ですが
もちろん相手は私が創作をしている、なんて知りません。(私が話さないので
その人は言う「だってこれが私の趣味なんだもの」って。
今でも印象的で覚えていますねー^^
相手は これが私なんです!よろしくぅ! みたいな、サバサバした感じがあって、逆に清々しかったです。
あんまり押しつけがましいと、距離を置いてしまいがちですが、そんな感じもなかったしなぁ。

なので、自分が創作したものを、普段創作してない人に見せる見せないってのは、見せる側の心の持ちよう次第なのかしら、なんて私は思ってしまう。
めっちゃ綺麗にまとめちゃった感じですけど><;

でも本当に、心の持ち様は創作に大きく影響してくるんだと思います。

昔はもっと表現できなくて、文字を書いてみようかどうしようか、なんて迷ったこともありました。(今はもうないけど^^;
絵での表現に限界を感じて、文字という別の表現を求めたわけで。
ま、結果として上手く表現なんてできなかったわけですが…
きっと私は、「絵」というのが一番表現しやすい手段だっただけで、それ以外の手段が上手く使えないがために、ずっと絵を描き続けているだけ。
それ以外に周囲の影響も大きいのかな。
私の周りには絵描く人しかいなかったんです。
小説書きさんなんて、Netで知った… (´∀`)きっと周囲が小説書きさんばかりだったら違ったのかな。
それでも絵での表現に限界を感じることは今もあります。
ティア行った時にすんごぃ上手い人の作品とかを目の当たりにした時や、Webで自分の世界観をぶわわっと表現しまくっている人とかを目撃したときとか…etc.
よくへこんでました(笑
この人上手いなぁ!凄いなぁ!と思う反面、うわー…自分の絵、ナニコレ( ゚Д゚)チーンとなる寸法です(苦笑

でもある時を境にこう思うようになった。

この人たちの上手さは、この人たちの個性が絵や漫画や小説に色濃く出ているからなんだ…この人達1人1人、個性をぐーんと伸ばしているからなんだぁ。なんて。
多分、皆路頭に迷う時期があり、スランプに陥る時期がある。
でも自分の創作するものを続けて形にしてきたものが、今描いている創作物に少しずつでも反映されていくはずなんだ。
だから、自分が路頭に迷っている時ってのは、きっと自分の個性が見えなくなってしまっている時、隣の家の花がうらやましくてしょうがなくなっている時なんだ、と今は解釈している。

それでも元気が出ないときは曲を聴いて活気を貰います(最終手段/笑
ニキーの「春夏秋冬」とかいいです^^;一人で聞いてると泣けてきます(ぇ
心が落ち込んでいると何も描けなくなってしまいますからね…
ほんと、気持ちによって創作活動ってのは、大きくUpDownします。

でも、何をどうへこんでも、しょげても、仕方がない。
だって描くしかない。
何でもいいから、表現し続けるしかないんですょ。
やるしかない。
だから、今日も明日も、暇さえあれば絵を描いて、色んな人と話そうというのが、私の今のスタンス、なんだと思います^^;

今回の合同本のネタ、テーマが「手紙」になった。
これ面白いなぁ、なんのいたずらだ。
Netで仲良くさせて頂いている人たちの多くと手紙でもやり取りをしている自分、いいネタがチョイスされたなぁと個人的に思いました。
色んな人と交流させてもらって、この数年で色んなことを知った気がする。
そんな人との繋がりを大事にしたい意味を込めて、今回の漫画になったわけだ。

さ、ネームもあがったし。
もう少し綺麗に描き直してきます。(ページ数増えるかもだけど^^;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。